FC2ブログ

山都三大そばまつり「第3弾」

きたかた商工会
02 /12 2019
第22回会津『山都寒晒しそばまつり』開催
  と き : 3月16日~3月17日
       午前10時~午後2時<終了は午後3時です>
       *午後2時までにご入場ください
 ところ : 山都町体育館  
    当日券もありますが、前売券のみのコースがありますので、
    前売券ご購入でのご来場がお勧めです。
        (前売券にはお楽しみ抽選券が付いています)
 前売券ご予約受付
     : 2月4日~3月8日(AM9:00~PM4:00)
         以降は当日券対応となります
   山都三大そばまつりスタンプラリーの最終回です。
     スタンプ台紙をお持ちの方は当日お持ちください。


『寒晒しそば』って何?
江戸時代、徳川将軍家に献上されていたという超ぜいたくなそば『寒晒しそば』❢❢
一年で最も寒さの厳しい大寒のころに、極寒の渓流にソバの実を10日間ほど浸し、さらに20日間ほど寒風に晒し自然乾燥させたそばです。この製法をすることで、旨味が増し、余分な雑味がなくなり、弾けるような食感の素晴らしいそばになります。
山都で、将軍ゆかりの『寒晒しそば』を再現します。ぜひ、味わってみてください❢❢


会津山都寒晒しそばまつりでは、「会津のかおり」を使った3種類のそばが味わえます。
 ✿ さらしなそば(一番粉)
   寒晒しそばの実の中心部分の15%程度しか採れない粉だけを使って打ってそばです。色が白く、透明感があり、甘みが強く、弾むようなコシを楽しむそばです。
 ✿ あらびきそば(一番粉・二番粉・三番粉)
   製粉する際に、石臼をゆっくり回して、丁寧に製粉したそば粉で打ったそばです。粗い粉と細かい粉が混ざっているため、味も良く食感も優れています。高級そば店で供されるタイプのそばです。
 ✿ 田舎そば(二番粉・三番粉)
   主に二番粉、三番粉を使って打つそばを、山都ではこう呼んでいます。食感は荒々しい感じですが、そばの香りや味が強く、温かい汁に入れて「かけそば」にしたり、大根おろしと一緒に食べて、美味しさを楽しみます。

みなさまのお越しをお待ちしております +゚。*(*´∀`*)*。゚+
  寒い季節での開催になりますので、温かい服装でお越しください。

寒晒そば-2

寒晒しそば-001



スポンサーサイト

復興支援員ブログ

・きたかた商工会 塩川地区センター
         山都地区センター
         高郷地区センター
         熱塩加納地区センター
・西会津町商工会
・猪苗代町商工会
・磐梯町商工会
・北塩原村商工会